シングルマザーの看護師転職の条件

看護師シングルマザー求人TOP >> 条件 >> 子育て支援ありのシングルマザー看護師求人

子育て支援ありのシングルマザー看護師求人

子育て支援をしている医療機関、企業などの主な支援策としては、育休、または時短勤務制度の導入、つまり出産後、育児と両立させるための、復職制度を充実させることですが、いまは価値観の多様化や家庭の形の変化によって、さまざまな支援策を考える医療機関などが増えてきました。もちろんシングルマザーの看護師も増えていますので、そのような人達の為に、支援をしっかりしているところもあります。まずは子育て支援ありの仕事先を見つけることが、シングルマザーにとっては大事ではないかと思います。

時間的なサポートとしては、育休、時短勤務、子育て中、子供が小学校に上がるまでは日勤のみの勤務ができる制度を導入している医療機関などを探せば、シングルマザーにとっては大きな助けになるに違いないですし、公営の病院のなかには、費用のサポートをしているところもあります。ある一定の条件を満たせば、子供が小学校に入学するまで、保育園などにかかる費用をサポートしたり、母親自体が学校に行く場合は、奨学金を出す私営病院もあるようです。これらの子育て支援などを利用して、看護師の資格を取ったり、または、仕事と家庭のバランスを取って生活をしているシングルマザーもいらっしゃいます。

まず、そうした子育て支援がある医療機関や施設、企業などを見つけ転職するのが大事です。いまはインターネットなどで幅広く情報収集ができますので、個人的に情報を集めることもできますが、まずはお住まいの自治体に相談にいって、助成を受けられる部分はしっかり受け、看護師として転職、再就職するときには、看護師の為の専門サイトを利用するといいでしょう。

担当のキャリアコンサルタントの方と相談し、子育て支援がある、または福利厚生などが充実している仕事を紹介してもらいましょう。シングルマザーであることを先方に伝えて、理解してもらえる職場のほうが、受け入れ体制も整っていますし、気分的にも楽です。また、同僚や先輩などにシングルマザーがいたり、寮があったりすれば、より心強いことでしょう。

生活していくことだけではなく、子育てには様々な困難もあります。公的、または民間でも、受けられる支援はできるだけ受けて、なるべく生活しやすい、働きやすい環境を自ら整えていくことです。できれば正職員や正社員で仕事をしたほうが、福利厚生をしっかり受けることができますし給与も多いことでしょう。

転職するときに、条件面、それから子育て支援、働く時間などを考慮してもらえるところをこだわって探すと、小さな子供がいても、家庭との両立ができると思います、日勤のみの勤務、もしくは時短勤務が無理な場合でも、24時間あずかってくれる託児所、院内保育所があれば、安心です。

いずれにしても働きやすい環境、理解ある職場に勤めることが、シングルマザーが仕事と家庭を両立するコツだといえるでしょう。

看護師のシングルマザー向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※シングルマザー向け>求人特集 All Rights Reserved.