給料が高い看護師転職の条件

看護師シングルマザー求人TOP >> 条件 >> 給料が高いシングルマザー看護師求人

給料が高いシングルマザー看護師求人

看護師は、専門職でもあり、女性が多い職場でもあります。他業種の仕事に比べると、女性にとっては、高給な仕事の一つですから、逆にシングルマザーでも食べていける、生活していける仕事のひとつです。

本当にお給料だけにこだわって看護師の仕事を探す場合には、夜勤専従の看護師をすると、日勤に比べて、給料が高い傾向があります。ただし、子供がいるシングルマザーとしては、夜勤専従になってしまうと、子供との時間が取れない、夜だれも子供を見てくれる人が居ないなど、悩みを抱えてしまうことにもなります。

院内保育所、24時間稼働している託児所完備の医療機関などもあります。ただし、考え方によっては、子供や家庭を優先し、仕事は日勤のみにしたい人も多くいらっしゃると思います。どうしてもいまの就業先では希望が叶えられない場合は、転職を考えてみてもいいでしょう。

看護師のなかで、日勤をメインにして、お給料が高いポジションとなると、役職付きの看護師になることが一つです。副主任や、主任、看護師長などになって、役職手当を貰う方法です。その他、専門看護師や認定看護師であれば、多少資格手当が上乗せされる場合もありますし、日勤が増えて、指導や相談、マネージメント的仕事を引き受けることも。ただし、これらの役職は、もともと就業年数やその人のキャリア、学歴や資格をもっているという前提のもとですので、一朝一夕で給料アップは望めないと思います。

また、ボーナス制度がある医療機関などでは、できれば正規の職員となり、ボーナスや福利厚生を利用したほうがいいと思います。夜勤専従で非常勤であるよりも、トータルの年収は、やはり正規職員のほうが多いからです。夜勤をして子供との時間を取れないよりも、できれば正規雇用の職について、生活を安定させたほうが有利なような気もします。

子供が小さいうちと、小学生にあがってから、また中学生になったら、と子供の成長に合わせて働き方を変えていくこともできますし、もし子育て支援制度を利用できるのであれば、その制度や、支援金、サポート体制を最大限に利用するべきでしょう。看護師は比較的サポートが受けられる範囲が広く、どうしても看護師数が不足している医療機関は、色々な優遇制度を設けて、看護師数の確保をしている医療機関も多いです。つまり、給料アップや、様々な条件交渉をしやすい部分もあるのです。だからこそ、シングルマザーになってから看護師免許を取得しようと考える人も多いのです。

福利厚生のなかには、メンタルヘルスサポート、キャリアアップ支援(資格取得サポート)など、各種様々です。転職を考えるときには、給料面だけではなく、総合的にどれだけメリットがあるかでも検討し直してみることが大切です。

看護師のシングルマザー向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※シングルマザー向け>求人特集 All Rights Reserved.