訪問看護の看護師転職の条件

看護師シングルマザー求人TOP >> 条件 >> 訪問看護のシングルマザー看護師求人

訪問看護のシングルマザー看護師求人

訪問看護は、これから日本の超高齢化社会を支えてくれる人員であり、ますます需要が高まってきます。医師だけでなく、医療スタッフが不足しているなか、看護師がお年寄りや患者さんのもとに直接赴くことは、患者さんの負担、そしてその家族の負担を減らしてくれます。看護師として病気や症状、障害状況を見るだけではなく、介護指導員としても働くことができますので、訪問看護のスタッフとしては看護師の免許を持っている人がベストです。

シングルマザーは、子供が急に熱を出したり、子供の行事に保護者として参加したり、色々忙しいものです。その場合、訪問看護ステーションなどに所属し、自分の働ける時間帯や、曜日などを選んで、働くこともできるようです。病院、医師、看護師、ケアマネージャーなど、福祉施設の人々と連携をとりながら、患者さんのQOLを考えつつ、自立した生活をしていただくサポートをする仕事です。

訪問看護師は、病院や介護老人保健施設や、ホスピスなどに入院することなく、自宅療養や在宅治療を選んだ人のために働く人たちです。仕事の内容としては、体温・脈拍・血圧などの健康状態のチェック、本人の観察や療養指導、身体の清潔が保たれているかのチェック、栄養管理、医療器具が正常に作動しているかの確認、呼吸ケア、緩和ケアなど、その他家族への介護指導、リハビリ、薬の説明、家族の悩みを聞いたりなど、色々あります。精神的にも体力的にも大変な仕事ですが、やりがいもあると思います。

シングルマザーの就業先としては、夜勤や残業をすることなく、時間や出勤日を決めて働ける場合もありますし、生活のために、しっかりシフトを入れて働く人もいらっしゃいます。ただし、労務管理がしっかりしている訪問看護ステーションを選ばないと、かなりの激務が待っているケースもあります。日勤だけだからといって、それが楽な仕事かというと、そうともいいきれません。事前の確認が大事でしょう。

シングルマザーの場合は、国や各自治体から、児童手当、児童扶養手当、児童育成手当、特別児童扶養手当などが受給できますので、利用できるもの、助成や手当が受けられるものは受けて、仕事とのバランスを取って、あまり無理なシフトを入れすぎないようにすることもできます。

訪問看護は、時間に限りがあることから、あまりゆっくり対処できなかったり、家庭に来てくれるという安心感から、患者や家族からの依存が強くなるという傾向があり、家庭に立ち入りすぎず、患者とのよい関係を保つことはなかなか難しいものです。

緊急対応のある、24時間対応の訪問看護ステーションは、看護師が患者のもとに行く必要があることから、病棟勤務よりも大変になるケースもあります。自分の受け持つシフトをしっかり決めておくことが大事です。訪問看護師は、場合によってはオンコール対応が必要とされます。シングルマザーの場合は、突然のオンコールで、子供のことそっちのけになってしまうことがあるので、気をつけましょう。在宅看護師のメリット、デメリットをよく考えて、仕事を選んでみてください。

看護師のシングルマザー向け求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※シングルマザー向け>求人特集 All Rights Reserved.